1時間毎の電気代がわかるデスクトップアプリ

一人暮らしで、2月の電気代が13,500円程になってしまい
"さすがに節電しよう..." と思ったので、開発しました。

前提条件

1時間毎の電気代を調べるためには、ブレーカー付近にクランプ電力計を
設置する等の方法があるかと思います。

ただし、それらの方法では実際に請求される電気代と、
計算によって求められた電気代が異なるため、
スマートメーターを用いて電気代を調べることにしました。

私が住む地域では、北陸電力にお願いすることで、取り替えてもらえました。
(下の画像の、一番右がスマートメーターです)
f:id:raihun:20180214133155j:plain


さらに、北陸電力が提供する ほくリンク の会員IDを作成しました。
f:id:raihun:20180214133620p:plain

ほくリンクからのスクレイピング

使用環境

  • Python3 (3.6.4)
  • Selenium (3.6.0)
  • chromedriver (Homebrewで導入)

以下のコードが、1日あたりの使用電力量を調べるコードです。

github.com

このコードにクラウドへアップロードするプログラムを加えます。

デスクトップアプリ

Visual C#でクラウドからデータを取得するプログラムを書き、
ラベルに反映すると、簡易的なデスクトップアプリができました。

f:id:raihun:20180215090058p:plain

f:id:raihun:20180215090129j:plain

411.55・・・エアコンの温度下げないと。